ALL

<自分史blog54>ある日突然脳梗塞に①~2015.7.4   息子の誕生日の翌日に~

42歳、健康体だった私が、ある日突然ストレスによる「乖離性脳梗塞」で寝たきりになりました。

その経験から「健康」でなければ何もできない!

人生で1番大切なことは「健康投資!!」と思い、これから先の人生を

より穏やかで、より健康に、より楽しく老いるためにレイキティーチャーになりました!

ストレスによる大病で倒れる方を減らしたい!それには、自分で自分を癒す、

自分の身体は自分で守ることが大切です。「健康」でいられることはどれだけありがたいことか♡

私の経験が少しでもあなたの「健康」を考えるヒントになればと思い、自分史blogを書いてます❣

<自分史blog53>夢の家族水入らず生活⑤~まとめ ~

息子の13歳の誕生日✨家族で手巻き寿司とケーキでお祝いしてとても楽しい夜を過ごした次の日に「脳梗塞」で倒れます・・・

2015.7.4 その日は雨が降っていて、かなり蒸し暑い日でした。年に数回ある土曜出勤日で、朝から職場へ行きましたが、土曜日で子供達が家にいたので、お昼は自宅へ戻り子供たちと一緒に食べたときに異様に眠かったのを覚えています。少しリビングのテーブルで仮眠をしてから、14時にお約束のお客様宅へ自分の運転で向かいました。お客様と話している途中、今まで感じたことのない、ハンマーで殴られたような物凄い強い痛みを右前頭部に感じました。ただ、この痛みは1回きりで続くものではありませんでした。でもその後からなんとなく呂律が回りにくいのと、喉がすごく乾いた感じがありました。

お客様先を出て、途中、コンビニにより経口補水液を買い、ひたすら飲んだのを覚えています。今思うとこの時に自分で運転してはいけなかったでしょうし、本当に何事もなく無事に職場まで戻れて良かったと思います。ただ、職場へ着き、車から降りようとしたら、力が入らず、転んでしまったんです。雨が降っていたので、洋服も汚れてしまい、痛かったのを覚えています。とりあえず、後部座席で少し休むことにしました。本当なら「脳」の病気は1分1秒を争うので、このように休んではいけないのですが、まさか自分が「脳梗塞」になるなど微塵も思わなかったので、少し疲れたくらいだと思っていました。

そのうち、他の社員の方が車の中にいる私を発見してくれて、顔の左右がズレているのを見つけてくれたのですが、当時の上司からは家まで車で送っていくよと言われたんです。この上司の判断で私は自宅に送られていたら、命も危なかったかもしれませんし、後遺症も残っていたでしょう。この時に主人に電話をしたら、そんな状態ならまずは救急車を呼んでもらった方がいい!と言われ、上司の車ではなく、救急車を呼んでもらうことになりました。今、思うと主人の判断に本当に感謝です。

救急車の中でも意識はあったので、救急隊員の方からの問いかけ(いつ頃からどのような症状が出たかとか、今の気分など)や、主人の携帯番号を聞かれても答えられましたし、次に行く予定だったお客様先へも連絡をしなければいけなかったので、救急車に同乗してもらった後輩に私の携帯からお客様先へ電話してもらい、現状を説明。後日伺うことを伝えてもらいました。今、思えば、自分が運ばれている救急車の中でも仕事をしていたことには驚きですね(汗)でも、この時は点滴でも打って、すぐに帰れると思っていたので、あまり心配もせず、救急車の中って「こんな風になっているんだぁ・・・」と呑気に色々見たり、後輩と話したりと、ただの疲れくらいの感覚で救急車に乗っていたのを覚えています。呑気過ぎますね((笑)

今日はこの辺まで♪最後までお読みいただきありがとうございました✨

明日は運ばれてすぐに「脳梗塞」との診断で寝たきりに。健康だった私が何故??それはストレスが原因でした💦誰にでも起こる可能性がある「脳梗塞」のお話をします。お楽しみに♪

★LINE公式へご登録いただくと、今ならWEBセミナーをご用意!

更に!3大無料特典として、ストレスチェックができたり、私の脳梗塞経験談をお伝えさせていただき
ご希望の方へは無料の個別相談も60分させていただきます!

今の痛みや違和感を自分で改善したい!今よりも来年がより健康になりたい!と想う方はご登録お待ちしております。

↓↓LINE公式ご登録はこちらから↓↓

https://lin.ee/iuOfFL5

#自分史 #脳梗塞 #blog #誕生日 #幸せ #HAPPY #ブログ #大病 #ストレス #FP

#レイキヒーリング #健康 #生命保険 #損害保険 #保険営業 #正社員 #ファイナンシャルプランナー

関連記事

  1. ALL

    <自分史blog11>青春時代⑥~20社以上受けた燃えた就活~

    42歳で脳梗塞で寝たきりを経験し、そこから「健康」でなければ何もでき…

  2. ALL

    <自分史blog22>会社員時代⑦~月60時間以上の残業、そして終電の日々~

    42歳で脳梗塞で寝たきりを経験し、そこから「健康」でなければ何もでき…

  3. ALL

    <自分史blog44>結婚、出産、11年の同居時代⑫~息子は10日間の入院、娘は「チック」の症状が~…

    42歳、健康体だった私が、ある日突然ストレスによる「乖離性脳梗塞」で…

  4. ALL

    <自分史blog51>夢の家族水入らず生活③~15年ぶりに会社員へ ~

    42歳、健康体だった私が、ある日突然ストレスによる「乖離性脳梗塞」で…

  5. ALL

    <自分史blog45>結婚、出産、11年の同居時代⑬~おばあちゃんと呼ばないで!~

    42歳、健康体だった私が、ある日突然ストレスによる「乖離性脳梗塞」で…

コメント

    • Kana
    • 2022年 6月 14日

    久美ちゃん。。
    瞬きをするのも忘れて読みました。
    私も介護時代に何度か、脳梗塞の症状がで出した入居者の対応した事ありますが、本当突然ですよね。
    なんかいつもとおかしいな、片方にしか意識が向かなかったり..
    車の運転なんともなくて本当によかった。。
    まさか脳梗塞だなんて思わないですもんね。
    そして、旦那様に連絡して、旦那様のその時の判断!
    本当に奇跡的ですね。
    しかもそれが旦那様ってところがまたすてきですね!

      • iwatakumiko
      • 2022年 6月 16日

      かなさん♪いつもコメントありがとうございます♡♡♡
      瞬きをするのも忘れて読んでいただいたなんて、本当に嬉しいコメントありがとうございます!!
      介護のお仕事をされていたのも、本当に尊敬です本当に突然、それも片側が麻痺!よくわかります!
      私も左半身麻痺だったから、運転もどうにか大丈夫だったんだと本当になんともなくて良かったと思います!
      まさかまさかの脳梗塞でした。主人の判断には本当に感謝しています(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP